時代による子供の教育取組みの変化

子供にはその年齢に応じた教育が必要な事は言うまでもありませんが、それらは何も学校だけで行われるものではありません。
CONTENTS

社会における子供の教育活動。

時代による子供の教育取組みの変化 子供にはその年齢に応じた教育が必要な事は言うまでもありませんが、それらは何も学校だけで行われるものではありません。幼いころ親に諭される事も教育の一つであり、人格形成の基本的なルールを教わる事になります。例えば食事の時にはきちんと『いただきます』『ごちそうさま』と言う事や、目上の人に対する言葉遣いが出来ていないまま学校へ行く歳になりますと、子供自身は勿論のこと親まで恥をかくことにもなりかねません。その為親だけに限らず社会全体で見守る必要があり、時には他人の子であっても注意する都言うことが必要となります。

しかし昨今ではその様な人の善意を喜ばない場合もあり、注意するにも勇気がいるようになりました。親がその様な考え方の場合はどうにもなりませんが、常識のある人なら子供の悪い点を認め親からも注意する事になると言えます。又学校教育の中にも学業だけではなく、近隣の清掃等社会奉仕を取り入れている事が多くなり、社会の中での自分たちの立ち位置を教える事に繋がっています。そして交通ルールを守る事や高齢者等の身体の不自由な人への配慮が習慣づけられる様に、毎日様々な大人達に見守られており、躾が行き届いた子供であると評価されています。

Copyright (C)2019時代による子供の教育取組みの変化.All rights reserved.