時代による子供の教育取組みの変化

教育というのは、自分自身に身に着ける必要なものを授けるためにあるものですから、それは学力ばかりではありません。
CONTENTS

自分にとって必要な教育を見定める

時代による子供の教育取組みの変化 教育というのは、自分自身に身に着ける必要なものを授けるためにあるものですから、それは学力ばかりではありません。目標到達点が常に短いと高校選択や大学選択による合格だけになってしまい、社会に出るまでに身に着けたものが学力と立派な学歴だけという人たちが増えているのは、狭い考え方で教育を理解してきたからでしょう。社会人としてどう成長するかを意識できない学びは教育を受けたとは言えません。人に配慮できることや打たれ強い克己心を身に着ける機会を与えることも教育ですし、社会に出た時にいかに活躍したいかを具体化して資格取得を目指すなどの向上心を持つよう導くのも教育の力です。

それを認識しているのが学校としてサポート校のある通信制高校の存在です。スポーツや芸能活動などに専念したいために一般の高校では求める学びが無かったり、不登校により薄っぺらな教育しか受けられなかったなど、心が繊細であったりという人たちを助けています。中には上位大学をめざして効率よく勉強するためにという人たちもいますが、自分を立て直し、具体的な目標に向かい歩むためのサポートをする、一人一人のためにカリキュラムが用意されているので、確実に地に足を付けた歩みができる指導と言えます。

Copyright (C)2019時代による子供の教育取組みの変化.All rights reserved.