時代による子供の教育取組みの変化

子供たちが自らの手でその将来を絶つというのは、なんとも耐え難いものであります。
CONTENTS

教育現場の環境の悪さ

時代による子供の教育取組みの変化 子供たちが自らの手でその将来を絶つというのは、なんとも耐え難いものであります。最近でもそのような痛ましい報道がされているのを目にしますが、大きな要因となるとは教育現場での出来事だと思います。子供時代というのは物事を深く考えないままに、ただ一時的な感情を相手にダイレクトに伝えたり、時には相手が嫌がるようなことをして傷つけてしまうようなこともあります。最初のうちはちょっとした出来心で始まったことでも、それが収拾がつかなくなりエスカレートしてしまえば、されている側は心身ともに大きな傷となり、立ち直れなくなり、最悪の事態を招き兼ねません。

最近の教育現場ではそのような状態を防ぐ為、定期的に児童たちにアンケート調査をしたり、教員たちも児童の相談に乗ったり、解決策を見つけ出すなどの対策をするような傾向があるようですが、それは表面上だけで、まだまだ完璧なものとは言えず、児童からのあからさまなSOSに対応しきれていない場もあります。むしろ対応しきれないのではなく、表面上の対応をしただけであとは見て見ぬフリ、学校の評価を気にするあまり、そのような児童を把握していても教育委員会に報告する義務を怠る無責任者もいます。痛ましい事態を減らすには、児童に関わる大人たちの意識を大きく変える必要が多いにあります。

Copyright (C)2019時代による子供の教育取組みの変化.All rights reserved.