時代による子供の教育取組みの変化

子供を育てるというのは、ただ大きく健康に育てる為にご飯を食べさせたり、外で遊ばせたりするだけではなく、生きていく上で必要な知識やマナーなどをきちんと教えなければなりません
CONTENTS

子供の教育をするという難しさ

時代による子供の教育取組みの変化 子供を育てるというのは、ただ大きく健康に育てる為にご飯を食べさせたり、外で遊ばせたりするだけではなく、生きていく上で必要な知識やマナーなどをきちんと教えなければなりません。それは物事がわからない乳児期からの積み重ねが大切です。危ない事は何がどう危ないのかを伝えていかないといけないし、お友達や周りの人が嫌がるような事をすれば怒る事も必要です。ただ単に怒るわけではなく、意思疎通ができるくらいの3歳くらいからは、子供に理由を聞いてからという段階も必要になります。もちろん普段一緒にいる親たちがいい見本となるような行動をしなければならないのもありますし、子供がいい事をしたらきちんと褒めるのも大切な事です。

ただ生きていく上で必要なマナーなどの教育をしていくというのはそう簡単な事ではなく、どれが正解かというのがないのか子育てです。仮に同じようにマナーなどの教育を10人の子供にしたところで、全ての子が同じように育つわけではありません。一番良くないのは理想を実現させようとする子育てで、子供自身の意見などを尊重してあげないと、いくら躾や教育をきちんとしたつもりでも、子供の心はいつか爆発し、手のつけられない状態になり得ます。親も子も自然体で、相手を尊重しつつ、親がきちんと善悪を教えたりするのが大切で、そればかりにこだわらず愛情表現もきちんとすることが、子供の心の成長にも繋がります。

Copyright (C)2019時代による子供の教育取組みの変化.All rights reserved.